仕事が嫌になったら見るブログ

仕事が嫌になった皆さんに向けた、様々なtips集です。

スポンサーリンク


少しずつでいいから、運動をしよう


スポンサーリンク

 皆さんこんばんは、Jackです。

 

 2021年の第一回目のブログ記事更新は、ストレスへの対応における運動の重要性についてのお話です。特に抑うつ状態の人にはかなり大変な取り組みだと思いますが、今少し僕のお話を聞いていただければ幸いです。

 それでは、どうぞよろしくお付き合い下さい。

 

少しずつでいいから、運動をしよう

体力はすべての源

 これまで皆さんも散々耳にされてきたことではないかと思うのですが、「体力が資本」、これは紛れもない事実です。

 

 抑うつ状態に陥った時、人は何かに取り組もうという気力・体力を見失いがちです。

 そして、気分と体調、行動がそれぞれ相互関係にあることについては、過去のブログ記事でもご紹介した通りです。

 

www.shigoto-iya.work

 

 疲れやストレスが溜まって心身の調子を崩しがちになると、この三つのバランスがなかなかうまく取れなくなってくるものなのですが、「気分」や「体調」は自分の意思だけではなかなかコントローㇽが難しいというのが実情です。

 

 そんな中でも、心身共に辛い中でも「何とか少しでも前進したい」という気持ちがあれば対処可能なのが「行動」のコントロールです。気分も体調も最悪でも、そこで何とか「少しずつでも行動を変えることで、気分や体調が変わってくる」と信じて行動を変えることが出来れば、心身の体調を少しずつでも上向かせることが可能です。

 

 そして、その為の一番簡単な方法が、少しずつでも良いから運動をしてみることなのです。少しずつでも体力がつけば、身に降りかかるストレスに対する抵抗力も増してきます。ストレスへの抵抗力が増して来れば、気分の落ち込みや体調不良への対処も、少しずつ出来るようになってきます。

 

 もちろん、このことが生半可な苦労で成し遂げらえることではないことは、僕も重々承知しています。それでも、自分の心身の状態を上向かせるためには、どこかの部分で歯を食いしばって頑張る必要があることもまた事実です。

 

 心身の不調をただ漫然と受け入れているだけでは、心身の調子を上向かせることは出来ません。そして、自分の人生の全責任を終えるのは、他の誰でもない自分自身なのです。

 

 心の中のほんの片隅に少しだけで良いのです。そういった「何とかして少しずつでも心身の調子を良くしていきたい」と思う心を振り絞ることで、長い時間がかかっても少しずつ自分の調子を良くしていくことは出来るのです。そして、それが出来るのは他の誰でもない、自分だけなのです。

 

 という訳で、何とか頑張って変えていくことが出来る「行動」の部分から自分を変えていくことによって、自分の健康を取り戻すことが出来ることを信じてみて下さい。そのために、本当に少しずつで良いから、無理のない範囲で運動を始めてみて下さい。

 どこかで歯を食いしばって頑張らなければならないことは事実ですが、その成果は少しずつでも必ず実を結びます。

 

 今の生活が辛くて辛くて仕方が無い人も、ぜひ自分の人生を諦めるようなことだけは避けて下さい。貴方の命も、この世界におけるかけがえのないものの一つなのです。

 僕も日々辛いことが多くて挫折しがちなのですが、お互いに無理のない範囲で少しずつ頑張って、自分の人生をより良いものにしていけるように頑張ってみましょうね。