仕事が嫌になったら見るブログ

仕事が嫌になった皆さんに向けた、様々なtips集です。

スポンサーリンク


職場の人間関係は、しょせん職場限りのもの


スポンサーリンク

 皆さんこんにちは、Jackです。

 

 今回皆さんにお話しするのは、職場における人間関係についてです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

職場の人間関係は、しょせん職場限りのもの

人間関係は、良好な方が良いけれども…

 仕事だけに限った話ではないのですが、人間関係の良し悪しって気になりますよね。

 

 仕事上の付き合いや学校での友達付き合い、住んでいる地区の中でのご近所付き合いなど、人間は生きていく上で様々な人との付き合いをしていかなければなりません。

 で、世の中には様々な性格や考え方の人がいますから、当然ながらすべての人達が仲良くやっていけるわけもなく…「あ、こいつは自分と合わない」「あ、こいつとは無理」って思うような相手に出くわすことも、多々あるわけです。

 

 それでも、人間が社会という枠の中で生きていく上では、本当は同じ空気を吸うだけでも嫌な相手であっても、表面上はうまく取り繕ってそれなりの付き合いをしていかなければならない…そういった「我慢」を強いられることも、多々あったりします。

 

 とはいえ、本当に「合わない」相手に対しては、個人差があるでしょうけれども「どうしても無理!!」って思うことだってありますよね。だって人間だもの。

 そういう時には、ご自身の生活が破たんしない範囲内までの我慢で良いと思うのです。無理やりにでも仲良くなろうとか、こちらが我慢していれば付き合いは何とかなるとか、自分に余計な(あるいは過大な)負荷をかけるような我慢の仕方はしなくて良いです。

 

仕事をしていく上での付き合いの我慢は、良くあることだけれど…

 学生時代の友達付き合いの我慢は、最悪の場合は放棄しても、それほど大した影響は出ないです。小学校、中学校、高校、大学と、成長の段階において付き合う友達が変わることなども、いたって普通にあることですよね。

 

 ちょっと視点を変えて、保護者の立場で考えると「ママ友問題」なんかもありますが、これだって最悪腹をくくって覚悟を決めてしまえば、「アンタたちとの付き合いなんかするものか!」って言い切っちゃっても、それほど大きな問題にはならないように僕は思います。

 

 ご近所付き合いの我慢は…どうしても我慢が出来なければ、引っ越しを考えるようなこともあるかもしれませんが、よほど運が悪くない限りは、毎日嫌な人と顔を合わせる(あるいは、合わせなければならない)ようなケースは少ないのではないでしょうか?

 

 とはいえ、一戸建ての家を購入したりすると、なかなかその場所を離れることが難しくなるので、場合によっては長期間の我慢を強いられることがあるかも知れません。

 ケースバイケースで訴訟に発展するようなこともあるかもしれませんが、そうなるとどちらかが何らかの理由でその場からいなくなるまでは、気まずい雰囲気が続くかも知れませんね。うーん、なかなかに難しい…。

 

 では、仕事をしていく上での付き合いの我慢はどうでしょうか?

 上司と部下の関係であったり、顧客との関係であったり…毎日のように顔を合わせる機会も多いでしょうし、お金という利害関係が大きく関わってくることなので、様々な場面で我慢を強いられることが多いです。「ええい、うるさい、お前らのことなんかもう知るか!」って言えたら良いなって思うこと、たくさんありますよね?

 

 ただ、学生生活や近所付き合いなどの人間関係と大きく異なる点としては、「自分の生活を維持していくために、やむを得ず向き合っている付き合いに過ぎない」ということが挙げられます。平たく言えば、仕事の上での人間関係は、仕事が上手く回ってさえいれば後はどうでも良いのです。

 

 だから、もしも仕事の上での付き合いで我慢を強いられる場合には、最低限仕事が回る範囲内までの我慢で良いだろうとも言えます。

 その線引きは、非常に難しいのかも知れませんが…でも、仕事さえきちんと回っていれば、必要以上に誰かと仲良くならないといけないとか、自分を犠牲にしてまで他人に奉仕しなければならないとかって考えなくても良いんじゃないでしょうか?

 

心身の健康のためにも、割り切りだって大事! 

 という訳で、今回皆さんにお伝えしたいことは「仕事の上での人間関係の悩みは、ある程度の割り切りを持っても良い(むしろ持った方が良い)んですよ」「嫌いな相手を、無理矢理好きになる必要はないんですよ」といったことです。

 

 ビジネスマンがうつになる理由として、人間関係の問題は大きな割合を占める一角です。そういった状況の中で「人間関係に悩む必要はない」と言われても、なかなかすぐに「そうか」と言える人は非常に少ないと思いますが、少なくとも職場の人間関係は、あなたが心身の健康を崩してまで維持しなければならないものではありません。

 

 そして、あなたの人生において、あなたの心身の健康ほど大切なことはありません。他人への遠慮や謙虚な気持ちが美徳とされることもありますが、それも時と場合によりけりです。

 だから、必要最低限の他人とのすり合わせは仕方が無いことですが、「こいつは嫌いだ!」というあなたの素直な気持ちに無理矢理蓋をせず、「表に出さない限りは、どんなことを思っても自分の自由である」といった感じで、自分の気持ちを認めてあげてください。

 相手に対してどんな感情を抱こうが、それを表に出すことで誰かに迷惑をかけることがない限りは、その感情を認めることも「自尊心」なのですから。